日本家族研究・家族療法学会 評議員選挙結果報告

および次期評議員予定者の公示

2016年9月2日

選挙管理委員長 市村彰英

1 選挙結果について

2016年 3 月11日に日本家族研究・家族療法学会事務局において,選挙管理委員立会のもとで,次期評議員候補者選出に関し受付候補者数が定数を超えた「東北地区」,「関東地区」,「東海地区」,「近畿地区」の投票(郵便による)の開票を行いました。結果は以下の通りです。

(1) 投票状況

「東北地区」

投票総数 25票,うち有効 25票,無効 0票

投票率は 42%

「関東地区」

投票総数 115票,うち有効 115票,無効 0票

投票率は 30%

「東海地区」

投票総数 20票,うち有効 20票,無効 0票

投票率は 31%

「近畿地区」

投票総数 48票,うち有効 48票,無効 0票

投票率は 36%

(2) 当選等の結果[評議員選出に関する会則第12条,内規2)]

「東北地区」

氏名 得票数 結果
生島浩 14 当選
五十嵐善雄 当選
若島孔文 次点

「関東地区」

氏名 得票数 結果
中村伸一 99 当選
渡辺俊之 83 当選
田村毅 75 当選
岡本吉生 67 当選
市橋香代 65 当選
北島歩美 60 当選
上別府圭子 55 当選
安達映子 53 当選
長沼葉月 47 当選
森野百合子 41 当選
小田切紀子 34 次点

「東海地区」

氏名 得票数 結果
平岡篤武 10 当選
小森康永 当選
若林英樹 次点

「近畿地区」

氏名 得票数 結果
坂本真佐哉 26 当選
植村太郎 24 当選
楢林理一郎 24 当選
松本一生 21 次点

 

2 次期評議員予定者

「東北地区」,「関東地区」,「東海地区」,「近畿地区」の選挙終了にともない,次期評議員予定者が決定しましたので,以下の通りご報告いたします。

地区 定数 新評議員 職種
北海道地区 阿部 幸弘 精神科医師
吉野 淳一 医学系大学教員
東北地区 五十嵐善雄 精神科医師
生島 浩 心理学系大学教員
関東地区 10 安達 映子 福祉系大学教員
市橋 香代 精神科医師
岡本 吉生 心理学系大学教員
上別府圭子 看護師
北島 歩美 臨床心理士
田村 毅 精神科医師
長沼 葉月 福祉系大学教員
中村 伸一 精神科医師
森野百合子 精神科医師
渡辺 俊之 精神科医師
北陸地区 後藤 雅博 精神科医師
東海地区 小森 康永 精神科医師
平岡 篤武 教育学系大学教員
近畿地区 植村 太郎 精神科医師
坂本 真佐哉 心理学系大学教員
楢林理一郎 精神科医師
中国地区 加来 洋一 福祉系大学教員
村上 雅彦 臨床心理士
四国地区 花岡 正憲 精神科医師
九州地区 緒方 明 精神科医師
児島 達美 心理学系大学教員

注)職種については本人の申請等によるものです。

※ 本選挙結果は総会において会員に報告する予定です(第13条)

※ なお、次期評議員予定者多数の賛同により、渡辺俊之氏を次期会長候者として、第33回総会に推挙することになりましたので、ご報告申し上げます。

以上