Japan Association Family Therapy

歴史と概要

歴史と概要

本邦における家族研究は,1960年代中頃から日本大学医学部,慶応大学,京都大学の研究グループを中心にした統合失調症の家族研究にその源流をさかのぼることが出来ます。
中でも,1970年代後半から関東の有志が集まって統合失調症の家族研究や家族療法をテーマに「東京家族病理・家族療法研究会」という研究会が開かれていました。その後の家族問題への社会的な関心の高まりや,欧米における家族療法の発展を背景に,この研究会の運営の中心であった鈴木浩二,牧原浩,下坂幸三,川久保芳彦,田頭寿子,秋谷たつ子,広瀬恭子,中村伸一,石川元の各先生方が中心となって,1984年1月に日本家族研究・家族療法学会が創立され,同年5月に本学会創立大会が開催され,国立国府台病院(当時)の高臣武史先生が初代会長に就任されました。また,この創立大会には,米国から構造的家族療法の創始者であるS. Minuchin博士を招いて講演とワークショップが開催されました。

以後,毎年5月には全国各地で年次大会を開催し,2003年5月には本学会創立20周年記念大会を開催しました(各年度の大会の記録は,資料1参照) 。
また,家族療法セミナーの開催や,海外講師を招聘して講演やワークショップの開催などを行い,本学会の内容の充実と臨床,研究の深化に寄与してきました。
1996年からは家族療法への関心を全国的に広めてゆくことを目的に,毎年全国各地で地域ワークショップを開催しています。
海外との交流にも力を入れ,2002年の横浜における世界精神医学会(WPA)でのシンポジウム(Family Research and Investigation)の企画をはじめ,同年には韓国の家族治療学会との初の合同カンファレンスを開催し,以後2年に一度両国において交互に開催することとなり,2005年1月には東京で第2回合同カンファレンスが開催されました。
社会的なボランティア活動としては,1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災に際して,その後3年間にわたり阪神・淡路大震災支援委員会を設置して,被災地において主に援助スタッフへの援助を目的とした定期的なワークショップを開催しました。その活動の記録は「喪失と家族のきずな」(金剛出版,1988)として出版されました。

    【学会出版物】

  • 家族療法セミナー1 「家」と家族療法(金剛出版 1987)
  • 家族療法セミナー2 家系図と家族療法(金剛出版 1988)
  • 喪失と家族のきずな(金剛出版 1998)
  • 臨床家のための家族療法リソースブック、総説と文献105(金剛出版 2003)

 

【資料1】

日本家族研究・家族療法学会 年次大会記録

会期
会場
大会長/大会テーマ
特別講演講師/特別講演タイトル
大会長基調講演/講演タイトル
第1回 1984年5月11日~5月13日
順天堂大学
高臣 武史<創立大会>
Salvador Minuchin「今日の家族療法」
第2回 1985年5月11日~5月12日
江東区
牧原  浩「日本における家族研究,家族療法の現況」
Theodore Lidz「人間の成長における最も重要な用件-精神分裂病の家族研究から」
第3回 1986年5月17日~5月18日
順天堂大学
秋谷たつ子「テストによる家族評価」
第4回 1987年5月16日~5月17日
順天堂大学
川久保芳彦「コミュニケーション論から見た家族」
第5回 1988年5月14日~5月15日
浜松市
大原健士郎「ライフサイクルと家族」
第6回 1989年5月20日~5月22日
順天堂大学
藤縄  昭「嗜癖と家族」
米山 俊直,原 ひろ子「家族」
第7回 1990年6月2日~6月3日
順天堂大学
下坂 幸三「精神分裂病に対する個人と家族への治療的接近」
Lyman Wynne「精神分裂病に対する家族コンサルテーション:心理教育的アプローチとシステミック・アプローチの統合」
第8回 1991年5月25日~5月26日
福岡市
牛島 定信「思春期と家族」
第9回 1992年6月13日~6月14日
渋谷区
斉藤  学「家族療法の技法をめぐる諸問題」
第10回 1993年6月2日~6月3日
市川市
鈴木 浩二「同一事例に対する各種家族療法的アプローチからの多角的検討」
牧原  浩「日本家族研究・家族療法学会創立10周年を顧みて」
第11回 1994年7月1日~7月2日
高松市
石川  元「症状消失と問題解決」
臺   弘「分裂病の場合」
第12回 1995年6月1日~6月2日
新潟市
飯田  眞「夫婦」
西園 昌久「精神科臨床と夫婦」
第13回 1996年5月31日~6月1日
大阪市
松田 孝治「“家族”と“変動する社会”-臨床の分化と統合-」
土居 健郎「アンビバレンスと家族関係」
第14回 1997年5月16日~5月17日
新宿区
中村 伸一「トラウマと家族の癒し」「境界例の家族療法」
第15回 1998年5月15日~5月16日
熊本市
宮川 太平「家族療法と治療言語」「チーム医療と家族」「子どもと学校と家族」
下坂 幸三「道元の思想と心理療法」
宮川 太平「老年期痴呆と家族サポート」
第16回 1999年5月14日~5月15日
山口市
牧原  浩「家族療法と私」
柴谷 篤弘「生物学者にとっての構築主義とは何か」
第17回 2000年5月19日~5月20日
大宮市
狩野力八郎「家族療法の中での心的プロセス」
小此木啓吾「精神療法と家族」
第18回 2001年5月25日~5月26日
札幌市
金田 迪代「家族臨床の課題:『17歳問題』への理解とアプローチの視点を求めて」
第19回 2002年5月31日~6月1日
新宿区
福山 和女「コラボレーション:家族支援ネットワーキング」「“児童と家族”:初期支援に向けて」
アルフォンス・デーケン「家族とスピリチュアリティ」かかわり・いやし・ユーモア」
第20回 2003年5月23日~5月24日
大津市
楢林理一郎「家族へのまなざし,そして未来」「家族・コミュニティ・エンパワーメント-多様化する家族,家族療法/家族援助の課題」
目黒 依子「男女の現在・家族のゆくえ-個人化仮説の検証をもとに」
楢林理一郎「日本の家族研究・家族療法の20年:新しい臨床の可能性に向けて」
第21回 2004年5月27日~5月29日 伊藤順一郎「コミュニティにおける家族支援-技法,哲学,システム」
第22回 2005年5月26日~5月28日 内村 英幸「しなやかな家族をめざして」
神庭 重信「しなやかな心~精神免疫学の視点~」
内村 英幸「森田正馬と家族療法」
第23回 2006年6月8日~6月10日 渡辺 俊之 「コラボレーションが紡ぎだすもの:さまざまな領域で家族を考える」
Susan H. McDaniel 「メディカルファミリーセラピー」
渡辺 俊之 「介護家族支援」
第24回 2007年5月25日~5月27日 吉川  悟「家族臨床における家族研究の可能性」
杉万 俊夫「人間科学:当事者と研究者の協同的実践」
吉川  悟「臨床がうまくなるための研究法とは?」

日本家族研究・家族療法学会 歴代会長

1 1984年5月~1989年5月 高臣 武史
2 1989年5月~1992年5月 鈴木 浩二
3 1992年5月~1995年5月 牧原  浩
4 1995年5月~1998年5月 牧原  浩
5 1998年5月~2001年5月 下坂 幸三
6 2001年5月~2004年5月 楢林理一郎
7 2004年5月~2007年5月 楢林理一郎
8 2007年5月~ 中村 伸一

 

【資料2】

学会主催セミナー・講演,国際交流事業など

会期 主催者/講師  タイトル/テーマ
家族療法セミナー
1986年5月16日 第1回家族療法セミナー 石川 元他「家」と家族療法-「家」,その光と影
1987年5月15日 第2回家族療法セミナー 石川 元他「家」を演ずる
海外講師招聘講演
1984年5月11日 第1回大会特別講演 Salvador Minuchin「今日の家族療法」
1984年5月12~13日 第1回家族療法ワークショップ Salvador Minuchin(ワークショップ)
1985年5月12日 第2回大会特別講演 Theodore Lidz「人間の成長における最も重要な用件-精神分裂病の家族研究から」
1986年11月7~9日 第2回家族療法ワークショップ Paul Watzlawick「MRI短期集中療法(Brief Therapy)の理論と実際」
1988年11月5~6日 第3回家族療法ワークショップ Carol Anderson「再発予防と家族療法」
2000年6月1日 公開講演 Lyman Wynne「精神分裂病と家族」
2005年5月21~22日 ジェノグラム・ワークショップ in 東京 Monica McGoldrick, Froma Walsh 他
(日本女子大学国際交流センター)
国際交流事業
2002年8月24~29日 世界精神医学会(WPA,横浜)
Section Symposium(Family Research and Investigation)企画参加
Title:“Family Resourses”
座長:Dr.Fredi,中村伸一
シンポジスト:楢林理一郎,福山和女,後藤雅博,狩野力八郎,近藤直司
2002年11月22~23日 韓日家族療法学術交流会(ソウル,「韓国家族療法学会」との初の合同会議)
2005年1月14~15日 第2回日韓合同家族療法カンファレンス(東京,日本女子大学)

地域ワークショップ

会期 主催者
(開催地)
タイトル テーマ
1996年3月16日 広島ワークショップ 牧原  浩
(広島市)
「父親」
1996年11月23日 東北ワークショップ 長谷川啓三
(仙台市)
「家族療法のフロイトをたずねる」
1998年10月31日 家族療法ワークショップ 金田 迪代
(札幌市)
講演とワークショップ
2000年3月11日 家族療法ワークショップ・
イン・名古屋
小森 康永
(名古屋)
講演とワークショップ
2001年8月25日 地域ワークショップ・びわこ2001 楢林理一郎
(大津市)
「家族療法入門,ワークショップ」
2002年8月3日 地域ワークショップ・イン・福島 生島  浩
(郡山市)
「家族療法の実理と展開」
2003年8月23日 ワークショップ in 富山 本田  徹
(富山市)
「家族の援助とその方法」
2004年11月27日 ワークショップ in 沖縄 新垣  元
(沖縄市)
講演とワークショップ
2005年9月24日 ワークショップ in 岩手 鈴木 廣子
(盛岡市)
講演とワークショップ
2006年9月23日 ワークショップ in 山梨 近藤 直司
(甲府市)
講演とワークショップ
2007年9月30日 ワークショップ in 静岡 平岡 篤武
(静岡市)
講演とワークショップ

社会活動

阪神・淡路大震災支援委員会(1995年2月25日~1998年5月10日)
1995年 1月17日 阪神・淡路大震災
1995年 2月25日 日本家族研究・家族療法学会阪神・淡路大震災支援委員会設置(松田孝治委員長,近畿地区評議員)
1995年 4月21日 緊急ワークショップ「災害と喪失」-その愁訴の理解と援助(講師:Stephen A. Jones)(大阪)
1995年 8月 3日 第1回ワークショップ「中高年期の夫婦への援助を中心に,その技術と実際」(講師:伊藤順一郎)
以後,定期ワークショップ「ケアスタッフのための家族援助講座」を神戸において開催(~’97)
1997年 4月19日 <シンポジウム>「喪失と家族のきずな-3年目の<いま>を考える-」(神戸)
1998年 4月11日 <シンポジウム>「喪失と家族のきずな-トラウマからの再生に向けて-」(神戸)
1998年 5月10日 阪神・淡路大震災支援委員会編「喪失と家族のきずな」出版(金剛出版)
同委員会 解散

(作成:楢林理一郎)

PAGETOP
Copyright © 日本家族研究・家族療法学会 All Rights Reserved.