Japan Association Family Therapy

学会について

  • HOME »
  • 学会について

ご挨拶

SzV174-HE187日本家族研究・家族療法学会は、日本における家族支援、家族療法に関する精神医学的、心理学的、社会福祉学的、社会学的な研究、応用、普及を目的として、1984 年に設立されました。

家族療法(Family Therapy)は、1950 年代に欧米で 発展し始めた家族を対象とする心理療法の一分野で、 日本には 1970 年代の後半に紹介されています。治療に おける理論モデルは、精神分析からシステム論へ、そして社会構成主義へと変化を続けながら、現在は新旧の理論モデルを統合した 家族療法へと向かっています。

日本の家族とりまく環境は学会設立から 30 年の間に大きく変化しました。少子高齢化、婚姻率の低下、発達障害やひきこもりの増加、うつ病や認知症の増加といった上位システム(社会環境)の変化により、家族の抱える葛藤や問題 も急激に変わってきています。それに伴い、家族が求める援助のニーズは、かつてないほど多様かつ複雑になってきています。

家族支援・家族療法が必要となる広範な臨床領域の特徴を反映し、会員の職種も多様です。精神科医、心療内科医、小児科医、プライマリケア医などの医 師をはじめ、臨床心理士、臨床心理職、看護師、ソーシャルワーカー、教師、家庭裁判所調査官、児童自立支援機関職員、社会学者、人類学者など、現在約1,000 名以上の会員が在籍しています。
本学会は International Family Therapy association(IFTA), Consortium of Institutes on Family in the Asian Region(CIFA)など、海外の 族療法学会との連携活動を推進しており、国際交流が盛んであることも特徴です。

学びの場も多彩です。学会認定スーパーバーザーによるスーパービジョン、学会誌「家族療法研究」の発行、年次大会、年 2回のワークショップ、研修の 提供を通して、新しい理論や技能を習得できるのが本学会です。
実践的で今日的な「家族支援や家族療法」や「家族研究」に関心がある方, ぜひ本学会のご参加ください。

2013年7月12日
会長 渡辺 俊之
PAGETOP
Copyright © 日本家族研究・家族療法学会 All Rights Reserved.