1.総則

  1. 本会は、日本家族研究・家族療法学会と称し、国際的には、Japan Association of Family Therapy(JAFT)とする。
  2. 本会の事務局は,評議員会の承認を得て,会長が別に定める。

2.目的および事業

  1. 本会は、家族プロセス、家族療法に関する精神医学的、心理学的、社会学的等の研究、応用ならびに普及を目的とする。
  2. 本会は、前述の目的を達成するために、年次の大会、研究会および講演会、ワークショップを開催し、機関誌「家族療法研究」および会報を発行、ならびにスーパーヴァイザーの認定を行う。
  3. 本会は、日本の家族研究、家族療法を代表する機関として、機会があるごとに会員に海外における斯学の動向を紹介し、また、国際集会への参加を呼びかける。

3.組織および会員

    1. 本会は、日本家族研究・家族療法学会として独立した存在であるとともに、海外の家族療法諸学会との交流を持つ。
    2. 本会の会員は、正会員、名誉会員、購読会員、賛助会員とする。
      正会員は、入会希望者で、評議員もしくは正会員の推薦を得て、評議員会の承認を受け、所定の会費を前納した者。
      名誉会員は、本会の活動に貢献したもののうち、評議員会で推薦され、承認された者。
      購読会員は、本会の目的に賛同し、継続的な購読を求め、評議員会で承認され、年会費を前納した者。
      賛助会員は、本会の目的に賛同し、相当の寄付をした者。
    3. 正会員、名誉会員は、年次大会において、臨床経験、基礎研究の成果を発表し、互いにその知見を交換することができる。
    4. 正会員、名誉会員は、本会の機関誌、会報が配布され、国際誌への投稿のさい、本会の助力を受けることができる。
    5. 購読会員には、本会の機関誌、会報が配布される。
    6. 退会について、次のように定める。

1) 退会の申し出があったときは、評議員会の承認を経るものとする。
2) 会費を2年以上にわたって滞納し、事務局の督促に応じなかったときは、自然退会とみなす。
3) 本会の倫理綱領により退会させることができる。
いずれの場合も、退会年度分までは会費を請求し、既納分については、返還しないものとする。

4.運営

    1. 本会に次の役員を置く。役員の任期は3年とし、3年目の大会における総会時に交代する。

会長:評議員会の推挙により、総会の議を経て決定する。
副会長:会長は副会長を置くことができる。会長が指名し、評議員の賛同を得るものとする。
評議員:正会員の選挙により決定し、本会の重要事項の審議運営を行う。
評議員代行:会長は、評議員が選出されていない地区から、評議員の賛同を得て評議員代行を指名し、本会の審議運営に参加させることができる。ただし、議決権は有しないものとする。
幹事:正会員のうちから若干名、評議員会の議決を経て、庶務、会計を担当する。
会計監事:正会員のうちから2名、正会員の推挙により総会時に決定する。

  1. 会長は本会を代表し、幹事会および評議員会を召集して、必要と認める場合には名誉会員を参与させることができる。

5.総会

  1. 年1回総会を開催する。ただし、出席は正会員に限る。
  2. 総会に於いては、評議員の承認、入会金・年会費の承認、事業・会計の報告等を行う。
  3. 総会の開催は、原則として、会長がこれにあたる。

6.会計

  1. 本会の必要経費は、入会金、年会費、寄付金、講演会、ワークショップ等の収益金、その他をもって賄う。
  2. 入会金、年会費は、評議員会において決定し別に定める。ただし、既納の分については返還しない。
  3. 会長の命により、幹事は年1回、会計報告をし、総会の承認を得なければならない。
  4. 会計年度は、4月1日から翌年の3月31日までとする。

付則

  1. 本会則は、平成24年6 月2日より施行する。
  2. 会員は、会則の変更を会長へ申し出ることができる。
  3. 会長は、評議員に諮ってそれを裁定する。

付記

本会の事務局を毎日学術フォーラムに置く

 
日本家族研究・家族療法学会事務局
E-mail. jaft-npi@coda.ocn.ne.jp