多職種の会員で構成された学会

 

学会の設立から今日まで

本邦における家族研究は,1960年代中頃から日本大学医学部,慶応大学,京都大学の研究グループを中心にした統合失調症の家族研究にその源流をさかのぼることが出来ます。中でも,1970年代後半から関東の有志が集まって統合失調症の家族研究や家族療法をテーマに「東京家族病理・家族療法研究会」という研究会が開かれていました。その後の家族問題への社会的な関心の高まりや,欧米における家族療法の発展を背景に,この研究会の運営の中心であった鈴木浩二,牧原浩,下坂幸三,川久保芳彦,渋沢田鶴子,秋谷たつ子,広瀬恭子,中村伸一,石川元、狩野力八郎の各先生方が中心となって,1984年1月に日本家族研究・家族療法学会が創立され,同年5月に本学会創立大会が開催され,国立国府台病院(当時)の高臣武史先生が初代会長に就任されました。この創立大会には,米国から構造的家族療法の創始者であるS. Minuchin博士を招いて講演とワークショップが開催されました。
 以後,毎年全国各地で年次大会を開催し,2003年5月には本学会創立20周年記念大会を開催しました。家族療法セミナーの開催や,海外講師を招聘して講演やワークショップの開催などを行い,家族臨床,研究の深化に寄与しています。

 海外との交流にも力を入れ,2002年の横浜における世界精神医学会(WPA)でのシンポジウム(Family Research and Investigation)の企画をはじめ,同年には韓国の家族治療学会との初の合同カンファレンスを開催し,以後2年に一度両国において交互に開催することとなり,2005年1月には東京で第2回合同カンファレンスが開催されました。その後、韓国との合同カンファレンスには台湾も参加し、現在ではJKTカンファレンスとして毎年、日本→韓国→台湾の順番で開催され交流を深めています。また、Asia Academy of Family Therapy(香港が本部)における設立メンバーには田村毅、中村伸一会員が就任しアジア地域の家族療法の普及に貢献しています。CIFAにおける日本の代表メンバーとして中村伸一会員が貢献しています。
 司法領域や非行臨床への普及には生島浩会員が、精神医療への普及には楢林理一郎会員,五十嵐善雄会員らが貢献、医療領域への普及には、渡辺俊之会員や小森康永会員がバイオサイコーソーシャルモデルやナラティブ・メディスンの視点から貢献しています。
 社会的な活動としては,1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災に際して,その後3年間にわたり阪神・淡路大震災支援委員会を設置して,被災地において主に援助スタッフへの援助を目的とした定期的なワークショップを開催しました。その活動の記録は「喪失と家族のきずな」(金剛出版,1988)として出版されました。
 2011年の東日本大震災の後には、東日本大震災・中越地震支援委員会(後藤雅博委員長)が組織されて、被災地への支援、その後の喪失体験者への支援を行ってきています。現在でも石井千賀子会員を中心として「あいまいな喪失」のスカイプスーパービジョンが毎年開催されています。
 教育と研修制度の充実のために吉川悟会員、児島達美会員、村上雅彦会員が奔走、学会認定スーパーヴァイザー制度がスタートし、そして2017年からは学会認定ファミリー・セラピストが設置されることが決定しています。

      【学会出版物】
  • 家族療法セミナー1 「家」と家族療法(金剛出版 1987)
  • 家族療法セミナー2 家系図と家族療法(金剛出版 1988)
  • 喪失と家族のきずな(金剛出版 1998)
  • 臨床家のための家族療法リソースブック、総説と文献105(金剛出版 2003)
  • 家族療法のスーパーヴィジョンー統合的モデルー、R.E.リー、C.A.エレベット、福山和女、石井千賀子監訳(金剛出版)
  • 家族療法テキストブック、日本家族研究・家族療法学会編、(金剛出版2013)

 

発展に貢献してくれた会員の皆様

日本家族研究・家族療法学会の設立と発展は多くの先人たちのおかげです

多くの先生方によって本学会は発展を続けています

鈴木浩二先生、下坂幸三先生、牧原浩先生、狩野力八郎先生、中釜洋子先生、高橋規子先生ら、他界した多くの先生方によって本学会は設立から今日まで支えられきました。今は会えない先人達も私達のこころの家族です。現在の学会には先生方が注いでくれた知恵、熱意、そして希望が生き続けています。

牧原先生を偲んで (渡辺俊之筆)

牧原浩先生が2016年の4月1日にご逝去された。
 私が牧原先生と懇意になったのは,狩野力八郎先生(故人,2015年4月11没)から紹介されてからだ。狩野先生が亡くなり1年も経っていかったが,また訃報が届いた。それは悲しかったし、病後の身体にも堪えた。牧原先生のお名前は,研修医時代から知っていたが,先生とお会いしたことはなかった。先生と話ができたのは評議員になってからだ。人の魅力というのは出会ってみないとわからない。
 狩野先生が「渡辺、牧原先生だよ」と紹介されて最初に会った時,先生は握手をしてくれた。包まれるような、あの一瞬の体験が私の心に何かを喚起させ、私は牧原先生に心を向けるようになった。
 先生は,2015年の東京大会まで,毎年欠かすことなく学会に出席された。時には厳しい意見を、ユーモア交えて語ったり、時には静かに後ろの方に座っていらした。会場に先生がいるだけで私は安心できた。親ほど近い存在ではないが,大きく暖かい祖父のような存在とも言おうか。祖父に守られているような転移感情が私には起きていたのだろう。
 毎年のように私は学会で先生のお姿を探した。シンポジウムの会場でも,会場フロアーでもも,懇親会場でも・・・・・・。先生の姿を見るだけで私は「安心」をもらえたのだ。私の体験は多くの会員、いや、患者さんや知人やご家族も経験していたのであろう。いつもで、空の上から見守っていてください。